お知らせ

2017/09/25
ベリーダンス基礎知識2-ステップについて

ベリーダンス基礎知識2-ステップについて

ベリーダンスのレッスンでは、とにかくお腹や腰など、
上半身の動きに集中しがち!
ステージのダンサーは優雅に、繊細に、自然な足さばきで
見るものを魅了する。
もしかしたら、その足さばきを極めてこそ
ベリーダンスをより美しく見せるのかも
上手な人ほど足さばきが素敵ですよね!
 
1.踊りをきれいに見せる足の形
つま先を伸ばす。
太ももの内側をつけるように意識。
注意:足の裏を決して見せてはならない。
 
繰り返しの練習でよりきれいに見せる足の運びを身に付けてください。
 
2.ステップの運び
 
ベリーダンスの場合は、足で身体を運ぶのではなく腰で足を運んでいくよう
前進する。
そのため、ウエストからヒップにかけての柔軟体操を
しっかるする事により滑らかな伸びのある
ステップにになります。
 
注意:足からステップをしようとすると、足に余計な力が
入りベリーダンスらしくないステップになります。
 
3.回転とターン
 
回転する時も、ベリーダンスは決して足から身体を
まわすのではなく、腰を意識して上体を回転させ後追いするように
足がなびくのが美しいベリーダンスの回転、ターン。
 
注意:腰よりも足に力がはいると、足で回るような回転になってしまい
優雅なベリーダンスにはなりません。
 
 
何度も足さばきの練習を繰り返し自然な動きで
足に表情を持たせる動きが出来れば
意識しない足さばきが全体の表現力UPとなり
ベリーダンスに躍動感がでて
滑らかで迫力のあるベリーダンスとなるでしょう。
 
 
曲に合わせてメリハリのあるステップに
表情を加えて会場の空気を全身にあび
ステージを魅了してください!
 
 
 

閲覧数:302

次へ リストを見る